ニジイロクワガタ飼育!羽化不全と成虫の飼育環境紹介

ニジイロクワガタ

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

飼育が簡単なニジイロクワガタの幼虫でしたが、羽化2匹目のオスはなんと羽化不全になってしまいました。

 

俗にいう羽パカという状態ですが一応元気に生きてはいます。

 

ニジイロクワガタの羽化

ニジイロクワガタ羽化直前

羽化直前の蛹の様子です。

質感としては日焼けで皮が取れる直前みたいな感じ。中の虹色が透けたらというよりはこの状態になったら羽化直前です。

 

ニジイロクワガタ羽化開始

3~4時間前に羽化直前の状態で次に見たらこうなってました。羽化始まって皮を脱ぎきるまでは結構早そう。

ニジイロクワガタ羽化2日目

2日目に内側の羽が出たままだったのですがそのうち収納されるもんかと気にしていませんでした。

 

が、2日目時点では羽はきちんと収納されていないといけないようで早い段階で内の羽がしまえていないと羽化不全と思ってよいでしょう。

 

人工蛹室の横幅が広すぎたのだろうか・・・ごめんよ。

ニジイロクワガタ羽化3日目

まだ角もお腹も白いところが目立ちます。ひっくり返っていてももがいている感じでなければ問題ないです。

 

恰好を変えながら体を乾かしています。

ニジイロクワガタ羽化4日目

だいぶ様になってきたけどやはり羽が出たまま。

ここからはちょっと日を飛ばします。

ニジイロクワガタ羽化6日目、9日目

6日目と9日目はほとんど違いは判らないですね。

 

あとは羽化後1ヶ月~3ヶ月くらいもぞもぞしてます。

 

ニジイロクワガタなど外国産のクワガタは成虫になって食事を開始する後食までは長めだそうです。

 

菌糸瓶の中で羽化した場合は自力で地上に出てきたらエサを与えればよいのですが、人工蛹室だとタイミングが分からないので1ヶ月超えたくらいで虫かごに移動させています。

 

エサ食べ始めないかもですが入れておけばそのうち食べ始めます。

ニジイロクワガタ成虫の飼育環境

子供の頃のカブト、クワガタ飼育のイメージだと大きめな虫かごの中に土をいれ、木の枝とスイカなどのエサってところでしたがもっと簡単で大丈夫です。

 

子供が飼いたい!って言いだしてもそれほど構えることなく飼えるのでご心配なく。

 

ニジイロクワガタ飼育グッズ

虫かご

いきなり結論ですが最終的にこんな環境です。横15cm×幅10cmくらいの小さなかごで大丈夫です。

 

乾燥苔

下にひいてあるのはこの乾燥苔です。虫も湧かないうえに虫の尿やエサで汚れてきたら洗ってまた使えます。

 

家の中で飼育するので虫が湧かないってのはかなり重要。

 

少し湿らせてかごに入れるだけ。

 

木片

乾燥苔敷いている時点で転倒しても起き上がれるので必須ではないですが殺風景なので入れました。

 

エサ

 

カブトムシやクワガタにはスイカを入れたいところですが虫の健康を考えたらこういった専用のゼリーがおすすめ。

 

フタは全部はがさずカッターなどで十字に切れ込みを入れてあげるとよいですよ。

 

全部はがしちゃうとカビやすくなるしぐちゃぐちゃになるのが早くなっちゃいます。

 

僕はこのゼリーが収まる木製のエサ皿にはめ込んでいます。ゼリーそのままだとひっくり返されて汚くなります。

 

 

ニジイロクワガタ飼育環境まとめ

羽化後1ヶ月くらいしたら飼育かごに移しても問題ないです。

 

後食開始前に飼育かご入れるとほとんどエサは食べませんが、後食開始時期が来たら勝手にエサをもりもり食べ始めます。

 

用意した虫かごに少し湿らせた乾燥苔を敷いて、木片とエサのゼリーをいれるだけ。

 

掃除は尿とエサで何となく汚くなったなぁと思ったときにやりましょう。

 

僕は2週間に1回くらい乾燥苔とかごを洗ってあげてます。

 

卵を産ませようと思ったらまた別の用意が必要ですが成虫を買うだけならたったこれだけ簡単です。

 

夏休みの子供と一緒に昆虫観察なんてどうでしょうか?

 

 

では、また。

 

 

コメント

  1. […] […]