ニジイロクワガタ幼虫の飼育、菌糸瓶交換の方法をご紹介

ニジイロクワガタ

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

ニジイロクワガタの幼虫飼育でのポイントとなる菌糸瓶交換の方法をご紹介します。

 

初めて菌糸瓶交換する場合、やり方がなかなかイメージできないと思います。

この記事では写真付きでご紹介しますので参考にしてくださいね。

 

基本的には菌糸瓶の中身にスプーンで軽く穴を開けてそこにニジイロクワガタの幼虫を入れるだけなのでとっても簡単です。

ニジイロクワガタ幼虫の菌糸瓶交換に必要な道具

菌糸瓶(サイズは800のもので十分です)

蛹になってからの様子を観察するには透明ボトルの商品(大夢B PROSPEC)がおすすめです。

昆虫ショップのWebサイトから購入できます。Amazonでも購入できます。

 

柄の長いスプーン(全長20cmくらいのもの)

虫スプーンで検索すると1000円以上するものが出てきますが、長めのスプーンならなんでも大丈夫だと思います。僕は600円くらいのソーダスプーンを買いました。

 

菌糸瓶の準備

菌糸瓶のふたを開け真ん中に幼虫を入れるための穴を開けます。最初から穴が開いている商品もありますが、幼虫のサイズに合わせてスプーンで穴を拡張しましょう。

ニジイロクワガタ幼虫を旧ボトルから取り出し

最初は真っ白だった旧ボトルも食痕がだいぶ多くなってます。交換にはちょっと早かったかと思いますが、ボトル内に無数のトビムシ(写真右の小さな点)が発生して気持ち悪かったので早めに交換。

 

このトビムシは特に害は無いそうで、菌糸が古くなって劣化してくると増えてくる傾向があるようです。害は無いと言ってもこれが部屋の中に出てきたらだいぶ嫌ですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ではいよいよ幼虫探し。

木の屑が詰まってるってことは結構サクサクほぐれるかと思ってたら、想像以上にガチガチで力を入れないと掘れない!

 

でもどこから幼虫が現れるかわからないからそーっとやらないといけない。

ということで慎重にホジホジしてやっと幼虫発見!

小学生の時は昆虫博士になりたい!とか思ってた時期もあるのに、大人になって虫系触るのが若干嫌になってました。

 

がしかし、このまま虫怖いってなるのは子供の手前格好悪いのでちょいとがんばって手にのせてみた。威嚇のつもりかウンチされたりしたけど、なんだかカワイイかも。

ニジイロクワガタ幼虫を新ボトルへ

幼虫触るっていうリハビリも済んだところでいよいよ新ボトルへお引っ越し。

ボトルの中に潜ってもらわなきゃだからとりあえず頭から穴にいれます。

もぞもぞしながら潜っていきました。このまま下まで行くのかと思いきや、穴から顔出したりしながら15分くらいかけて潜っていきました。

そして無事3匹分のお引っ越し終了!

ちなみにこの幼虫たちは館山クワガタセンターでもらいました。

ずーっとやってるかはわかりませんが、初来店の方に幼虫プレゼントしてるみたいです。ヘラクレスオオカブトとか子供の時に憧れた昆虫たちもいっぱいいて大興奮できました!

 

11月くらいには成虫になると思われるのでワクワクしながら待っとこう。

蛹から羽化も見届けたいのでボトルの壁際で蛹化してくれますように。

 

ニジイロクワガタ幼虫の菌糸瓶交換まとめ

  1. 準備するものは新しい菌糸瓶と菌糸瓶に穴を開けるスプーンのみ
  2. 菌糸瓶中央に穴を開けて幼虫を置いてあげる

 

作業的には非常に簡単でした。潜っていくまでは数十分かかりますが、じーっと幼虫眺める機会なんてなかなかなかったので新鮮で面白かったです。

 

昆虫ショップでもやってもらえますが簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

2回目の菌糸瓶交換の様子も参考にしてみてください。

 

では、また。

 

コメント

  1. […] 初めての記事はこちら→【 初めての菌糸瓶交換!【ニジイロクワガタ幼虫】】 […]

  2. […] 初めて書いた記事の続編です。たった2か月前ですが遠い昔に感じる・・・。 […]

  3. […] ニジイロクワガタ幼虫の飼育、菌糸瓶交換の方法をご紹介ニジイロクワガタの飼育方法をまとめていきます。まずは幼虫飼育で欠かせない菌糸瓶の交換方法です。古くなった菌糸瓶から […]