電気ポット VS 電気ケトル

おすすめ

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

ニジイロクワガタの蛹が1か月たってもまだ蛹です。蛹飽きた・・・。

という話とは全く関係ない記事ですが、おすすめ電気ケトルの紹介です。

電気ポットと電気ケトル

僕の実家では昔電気ポットを使っていましたがある時電気代がもったいないことに気付きケトルに変わりました。電気ポットはすぐにお湯が使えて便利ですが、ずっと高温で保温しているので常時電気を使用している状態になります。

 

でもいちいち沸かすのめんどくさいと思う方もいると思いますが、カップ一杯分くらいの量であればケトルだと1分もあれば湧いちゃいます。1分も待てないほど茶飲みたい状況なんてちょっと思い浮かばないなぁ。

 

電気代的には電気ポットとケトルでは3倍以上もポットの電気代の方が高いようです。四六時中ケトルでお湯沸かすとかやったらケトルの方が高くつくけどこれまたそんな状況ないですよね?

 

おすすめの商品

ケトルを選ぶ時の僕的なポイントは注ぎ口です。

ケトルというとこんな感じの注ぎ口のイメージが多いですかね。この形は大量にお湯を注ぐときにはいいんだけど、コーヒーみたいに注ぐ量をコントロールしたい場合は非常に使いにくいです。

 

そんなわけでうちのはこれです。コーヒーじゃなくてもこういうタイプの注ぎ口の方が量の調節しやすくてだいぶ使いやすいです。しかも2,345円と安いのも良いところ。

 

 

これの前はやや高めの8,000円くらいするラッセルホブスのを使ってましたが、5年くらい使ったところで底の方から水が漏れるようになってしまい最近買い替えたんです。

 

見た目も機能もほぼ同じようなもので値段が1/3くらいなビアレグレのケトル、今のところ問題なしです。耐久性は今後使っていかないとわからないですけど。安くても毎年壊れるとかだと後々高くつくので何か問題あったらすぐにこちらでご報告します。

 

では、また。

コメント