【高麗芝】憧れの芝生の庭。お手入れはどんな感じ?【秋~冬編】

その他

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です

 

うちにはそこそこな広さの庭があるのですが、「庭と言えば芝!」という憧れがあり、「管理大変だよ~」という外構工事のおっちゃんの言うことは無視して芝にしてもらったのです。

 

難しいとか無理とか言われると余計やりたくなるあまのじゃくです。

芝生の種類

芝にもいろいろありますが、日本の気候に合っていて一番管理が簡単そうな高麗芝を選択しました。管理が難しいというよりは夏だと2週間に1度くらいは芝刈りしないといけないとか、その辺のまめさがないとダメなようです。

 

確かに言われた通り夏は結構な勢いで芝が伸びるのでこまめに芝刈りしてました。でもそれはそんなに苦にはなっていなかったので、向いてるんだと思います。雑草抜きから芝刈りまでやると汗だくになってちょうどいいダイエットになります。雑草抜きで足腰も鍛えられる・・・気もする。

秋~冬のお手入れ

芝刈りの様子はまた来年の夏に見てもらうとして、秋から冬の間のお手入れです。秋になって気温が下がってくると、あんだけ伸びまくっていた成長がピタッと止まりました。正確にいつからかは覚えていないのですが、10月にはもう伸びなくなっていたと思います。

 

伸びてなけりゃなんの手入れかというと、今まで草刈りした際に出た刈られた枯れた芝生達が無数に落ちているのでそれを掻き出します。

左下のがレーキと呼ばれる熊手です。これで落ち葉と枯芝を集めます。芝の根に引っかかってレーキの通りが悪いところもありますが、芝生がきちっと根付いていれば結構がりがりやっちゃってだいじょうぶです。

 

枯れた芝を取り除くことで地面が見えるようになり、しっかり呼吸できるようになります。地面に穴をあけて固まった土をほぐすエアレーションという作業もありようですがそこまではやらないです。少なくとも今年は。

 

山のような枯芝が取れました。それでも1回では取り切れないので今年のうちにもう一回くらいやろうかな。

 

 

 

ちょっとした山ができた。

レーキをかけていると芝生の根がものすごく引っ掛かりますが飛び出してる余分な根は手で取っちゃってます。

 

 

無事完了。

来年暖かくなってきたら今度は雑草抜きと芝刈りがまた始まります。バッタやカマキリと遭遇できるのでそれもなかなか楽しいですよ。

 

本格的お手入れだと地面が凸凹している場合は砂を撒いてならしたりもするようです。ゴルフ場のようにきれいにするつもりはないのでうちは芝刈りと、雑草抜きってとこです。冬の間は成長止まっているのでこれくらいのお手入れでOKです。

 

掃除が終わった庭は美しくて気持ちいいな。

では、また。

コメント