ブログ集客のためのSEO対策!失敗の原因3つから成功方法を考える

ブログ運営

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

ブログ開始当初は単語は聞くものの特に意識していなかったSEO。

 

しかしブログへの集客を増やし、役に立つ情報を広く発信するためには欠かせないため、SEO学習のオンラインサロンに参加することにしました。

 

SEOオンラインサロンで学んだ内容をアウトプットしていきます。

 

この記事ではブログ集客に失敗する原因を考え、そこからSEOの全体像や基礎知識をまとめていきます。

 

SEO対策でブログ集客に失敗する3つの原因

SEO対策を始めためたもののブログ集客が思ったように伸びないのは以下の3つの原因が考えられます。

  1. SEO対策の全体像が分かっていない
  2. SEO対策の情報が難しい
  3. SEO対策の優先順が間違っている

 

ブログ集客失敗の原因①SEO対策の全体像がわかっていない

SEO対策と言えば

  • タイトルの左寄りの位置にキーワードを配置する
  • 見出しにもキーワードを入れる
  • 文中にもキーワードを適度に入れる

という感じでキーワードを入れるということが最優先になっており、ほぼそれだけに気をつかって書いてしまっていました。

 

しかし、実はSEO対策はキーワードだけではないのです。

  1. コンテンツSEO
  2. SEO内部対策
  3. SEO外部対策

この3つに分けてそれぞれに対策する必要があります。

 

ブログ集客失敗の原因②SEO対策の情報が難しい

SEO対策について調べていくと情報が多く、かつ企業などの専門部門向けの説明になっており勉強するハードルが高く感じてしまします。

 

その結果ブログ集客失敗の原因①でも触れたように、一番わかりやすく対応しやすいキーワード重視の対策で何とかしようと思ってしまうのです。

 

ブログ集客失敗の原因③SEO対策の優先順が間違っている

対策すべき3つ、①コンテンツSEO、②SEO内部対策、③SEO外部対策が分かっていたとしても最優先にすべき対策が後回しになっているとなかなか結果が出ず意欲を失ってしまいます。

 

全て大切ですが重要なものから順に対策をしていく必要があります。

 

ブログ集客成功のためにすべきこと

ブログ集客失敗の原因が

  1. SEO対策の全体像が分かっていない
  2. SEO対策の情報が難しい
  3. SEO対策の優先順が間違っている

という3つであるということが分かっています。

 

ということは、この3つのポイントを押さえてSEO対策をすることができればブログ集客を成功させることができるのではないでしょうか?

 

SEO対策でブログ集客を成功させる

SEO対策の中身を分解し、正しい優先順位をつけて簡単にまとめることでブログ集客成功のためにSEO対策ですべきことがわかります。

SEO対策①コンテンツSEO

SEO対策の中で最重要と言えるのがコンテンツSEOです。

 

調べたいキーワードで検索して辿り着いた記事でユーザーを満足させる。ユーザーファーストの考え方をgoogleは求めています。

 

コンテンツSEOとはユーザーのニーズに応える良質な記事を提供することです

 

SEO対策②SEO内部対策

せっかく提供している良質な記事も検索結果にインデックスされなければユーザーのもとに届きません。

 

1.クロール最適化

サーチコンソールからFetch as Googleを使ってクローラーを呼んで、サイトのクロールを促す。

 

2.インデックス最適化

クローラーがサイト内を巡回しやすいようにサイトの内部構造をわかりやすい状態にする。

 

を行い、適切な評価を得て上位に表示をめざします。

SEO対策③SEO外部対策

作成した記事は外部のサイトからの被リンクによりさらに評価を高めることができます。

 

TwitterやFacebookなどのSNSを積極的に活用し、サイトを外部から認知してもらうようにします。

 

多くの目に触れることで被リンクをもらうチャンスを増やす作業です。

ブログ集客のためのSEO対策まとめ

これまではキーワードを中心に考えSEO対策を行っていたためブログ集客は苦戦していました。

 

今後は

  1. ユーザーを満足させられる良質な記事を書く(コンテンツSEO)
  2. コンテンツを適正に評価してもらえるようサイト構造を整える(SEO内部対策)
  3. サイトを広め被リンクを獲得していく(SEO外部対策)

 

この3つの流れを意識してSEO対策を行っていくことでブログ集客の成功を目指します。

 

では、また。

 

コメント