くりっく株365 日経225で決算月高配当が狙えます!

資産運用

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

長期投資ではくりっく株365FTSE100の運用をおすすめしていますが、先日のくりっく株365セミナーで話を聞き、日経225の決算月配当狙いも面白そうなので挑戦してみます。

 

くりっく株365の運用は岡三オンライン証券 くりっく株365で行っています。

くりっく株365とは?

くりっく株365とは東京金融取引所に上場している株価指数証拠金取引の愛称です。

取り扱っている銘柄は日経225、NYダウ、DAX、FTSE100の4つです。

 

個別の株と違い市場全体に投資するイメージです。そのため個別企業の業績などを調べる必要がなく、景気の流れを見て投資することができます。

 

くりっく株365 日経225の決算月配当狙い作戦!

今回日経225の投資で狙っていくのは3月決算による高配当です。

 

なるべく高値では購入しないように配当がもらえる権利付き最終日前後のみ保有し、配当をもらったら売るという戦略で行きます。

2019年3月の権利付き最終日は26日ですが27日の午前5時まで買いポジションを保有している必要があります。

 

 

日経225は株価指数の上下による売買益だけでなく配当益が期待できる銘柄です。しかし配当が高いのは決算の3月と中間決算の9月という2ヵ月になります。

日経225長期保有にしない理由

日経225を保有するとなると1枚の購入に必要な証拠金基準額が72,790円と高めの金額になります。それに加えて株価下落のロスカットリスクに備えて証拠金を入れておく必要があります。

 

くりっく株365は売りでポジションを持つこともできるので下落で利益を得ることも可能ですが、この記事は配当をもらえる買いポジション前提になっています。

 

過去30年のチャートを見ると最も下げたところで8,000円くらい。

現在はだいぶ戻して上昇しているところですがこの先も右肩上がりで行くとも限りません。

 

1年で4,000円くらいの下落はあり得るようなので1枚当たり

証拠金基準額72,790円+400,000円(4,000円×100)=472,790円程が必要になり、ロスカットリスクを考えると効率が良いとは言えません。

1枚保有のために多くの資金が長期間拘束されるのを防ぐため、長期で保有せず3月の高配当だけを狙います。

 

日経225 買いポジション

なるべく高値で掴まないようにと言いつつも権利付き最終日の26日まであまり日もなかったのでとりあえず21,490円の時点で1枚購入しました。

 

現時点ではさっそく下がっていきなり-22,000円です。とはいえ購入後しばらくは+15,000円くらいの時間もありました。

 

ということで日経225は結構動きが激しいということが買ってみてよくわかりました。

 

岡三オンライン証券の2019年3月の配当予想は以下の通りです。

 

あくまでも予想なのでこの通りになるとは限りませんが17,000円程の配当を期待しています。

 

くりっく株365は1円の増減×100の損益。なので実際に配当が17,000円と仮定すると、購入価格からマイナス170円以内であればプラスになります。

 

配当を受け取った後株価が21,320円以上で決済することができればプラスになるということです。

21,490円(購入価格)-170円=21,320円

 

2019年3月日経225配当結果

2019年3月決算の配当は岡三オンライン証券予想の値に近く17,134円でした。

 

あとは売るだけなのですが、購入時点から170円以上下がっているのでもうちょっと値を戻したところで売らないとマイナスで終わってしまうので、しっかり見極めないと!

 

株価の上下が気になるのでやはり短期トレードはなんだか疲れる。推奨はやはり低レバレッジの長期投資です♪

 

長期投資向けのFTSE100の運用記事もぜひ参考にしてみてください。

 

では、また。

岡三オンライン証券 くりっく株365

コメント

  1. […] くりっく株365 日経225で決算月高配当が狙えます!くりっく株365の取り扱い銘柄である日経225は決算月の3月に高配当が期待できます。配当狙いの短期保有でどういった結果が出せるかに […]

  2. […] 果はくりっく株365 日経225で決算月高配当が狙えます!の記事で報告した通り17,134円でした。 […]