ローリスクな資産運用【積立利率変動型終身保険(ドル建て)など】

資産運用

資産運用してますか?

この聞き方はどうしてもセ〇ム感出ますね。

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

仕事は嫌い、でもお金はいっぱいほしい。そもそも仕事頑張ったからっていきなり収入が増えることもない。転職とかもいまさらめんどくさいし、やりたいことなんて別にない。うーむ、どうしたものか。

 

ということで資産運用について勉強していろいろやってみよう。まずはこれまでにやっていたものの紹介。

積立利率変動型終身保険(ドル建て)

10数年前に将来の年金の足しになるような何かないかなと探して始めた保険商品です。強制的に積み立てないとあの頃はスロット資金として消えて行っちゃいそうだったので・・・。

【この商品の魅力は?】

・利率が変動するが最低3%保障

・ほったらかしで良い

・10年で払い込み終了

通常の保険は利率が固定だがこれは金利が高くなれば利率も上がってくれる。逆に下がれば利率も下がるが3%未満にはならない。なので金利下がったらどうしよう、などと気にせずとにかくほったらかしておけるってのは非常に気楽でいいです。魅力としてはこんなところでしょうか?

 

【気になる点】

開始時点で気になっていたのはドル建てのため、円安が続くと払込額が高くついてしまうことでした。毎月$155分の日本円が引き落としだったので、$1=90円であれば13950円ですが、120円だと18600円とだいぶ差が出ます。まぁ頑張っても為替相場はどうにもならないので円高を祈るしかないですね。

 

僕の場合は80円台から90円台の期間が払込10年の多くを占めた状態で運よく払込完了。あとはできるだけ円安のタイミングで受け取れるよう願うばかり。

 

10年で$18612の払い込み

3%で推移:60歳で$29581  70歳で$35652

4%で推移:60歳で$41640  70歳で$55734

5%で推移:60歳で$58285  70歳で$86332

保険商品なので途中で死んでも$50000もらえるし、銀行に預けておくくらいなら圧倒的にこちらの方が増えるはず。リスク的には超円高くらいでしょうか?60歳でもらうのであれば$1=63円くらいまではトントンでいけそう。

$18612を平均100円で払い込み=1861200円、最低3%として60歳で$29581

支払時$1=63円だと$29581×63円=1863603円

$1=120円なら$29581×120円=3549720円

 

僕が加入したのと同じ商品は今はないようですが、メットライフ生命ドルスマートってやつが同じような商品です。ちなみに円建ての商品だと最低保障利率が0.5%前後なのでやるなら断然ドル建て1択ですね。少しでも円高のタイミングで始めましょう。

新生銀行2週間満期預金

こちらはほっっとんど増えないですが、銀行に置いとくよりマシってだけでやっております。今回の記事を書くに当たって改めて意味がないかなと気づいた。

【商品概要】

・2週間で満期になる定期預金

・利率は2週間で0.03

例:300万の預け入れで2週間後約28円

 

1ヶ月で56円。ガリガリ君も買えない・・・。

2週間後解約しなければそのまま継続されるので複利で増えますが28円とかなので複利も何もないなって感じですね。

通常の定期預金は年単位になってしまい、いざというとき動かせないけど、2週間だったら使うかもしれない資金入れておいても大丈夫ってのはいいとこかな。

複利って?・・・元金で生じた利子を次の元金に組み入れる方式。
リスクは日本円が無価値になるとか?
これから先はないとも言えないので増えない上に無価値になるリスクとか意外と一番リスキーだったりしてw
今回の2つは何もしないよりはってくらいのもの。
今後はもーちょっとリスクとっての資産運用していこうと思います。

コメント

  1. […] 後は利益が積み重なっていくのを見守るのみです。問題なさそうであれば積立利率変動型終身保険で貯めてあったものを解約して複数通貨ペアに分散して投資してみてもいいかなと目論 […]