【オフショア投資】複利で資産形成

資産運用

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

先日、積立利率変動型終身保険を解約し新たな投資に移行すると書いたのですが、それがオフショア投資というやつです。オフショア地域での投資になるのですがオフショアというより一時期話題になったタックスヘイブンといった方が分かりやすいかも。

 

オフショア(タックスヘイブン)ってどこ?

今回僕が購入することになったのはイギリス領のマン島というところにあるとある保険会社の商品です。広く紹介していいものって感じでもないので何となくぼかしてます。

 

ここです!

 

近すぎたのでちょっと引きでみると場所が分かりやすい。

ここがいわゆるタックスヘイブンと呼ばれる地域の一つだそうです。こちらの島は投資家保護法なるものがあり万が一保険会社が倒産した場合マン島政府が投資の時価総額の最大90%を保証してくれます。

 

保証してくれるのは元本の90%ではなくその時点の時価総額の最大90%というところが要注意です。マン島にある保険会社たちが毎年収めているお金があり、それが保証の原資となるそうです。そのため一気にたくさんの保険会社が倒産するとそこまでは戻ってこない可能性もあるということです。

 

どんな仕組み?

マン島にある某保険会社の商品なのですが、保険というよりは投資です。その保険会社の商品に200以上のファンドが設定されており、それをIFAと呼ばれる会社がポートフォリオを組んで運用してくれるという仕組みです。

ファンド

投資家から集められた資金を専門の委託会社(運用会社)が運用し、その成果を出資額に応じて投資家に還元するもの。元本保証はなく、リスクもリターンも投資家に帰属する。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について

 

IFA

証券会社、銀行、保険会社のような金融機関が取り扱う、株や債券、投資信託などの売買を仲介します。IFAは特定の金融機関の社員ではありません。独立した立場で顧客の資産運用を考え、その顧客にあった金融商品を選択し、売買を仲介します。

引用:IFAOnlineより

 

僕はこのIFAと呼ばれる会社を通してマン島の保険会社の商品に投資をするということです。

投資する商品をデパートとすると、そのデパートの中に各種ファンド(例:JPモルガン、ゴールドマンサックス、ブラックロック等々)がテナントとして入っていて、どのテナントの何の商品を買うかをIFAが選定してくれているというイメージです。

 

各ファンドにはきちんと格付けがされているそうで、そのリスクとリターンを見てIFAはポートフォリオを組んで運用してくれるそうです。

投資の世界でいうポートフォリオは、様々な種類の資産に分散投資しているその中身(資産の種類や比率)のことをいいます。

資産形成目標

こちらの投資は時間をかけてコツコツ積み立てていき、複利の力を利用して増やします。
目標の運用利益は年8%です。年によってマイナスや大きくプラスな年もあると思いますが平均で8%いったらいいなという希望です。
投資額は$500/月で20年の積み立てです。3年くらいは解約した積立保険の資金があるので特に問題ない予定。それ以降もコツコツと貯金感覚で積み立てていきます。目先の贅沢は控えて20年後の収穫を待ちます。
現状の為替相場だと多めに見積もって$500=60,000円くらい。20年で1,440万円積み立てることになります。
楽天証券の積み立てシミュレーションで妄想してみました。6%でも十分な効果だけど10%とか夢見ちゃうなぁ。
ちなみにこの$500はクレジットカード決済なので、当ブログの別企画マネーハッチの原資にするための元になります。インヴァストカードで決済して還元される1%分のポイントも少額ながら投資に回します。
トライオートETF
インヴァストカード
結果が出るのは20年後とかなり先ですが、ただ貯金しててもお金は増えてくれないので多少のリスクはありますが積極的に運用していきます。すべての資産を日本円で持っているというのもなかなかのリスクなので、ドルに分散して資産形成と考えればある意味リスク回避とも言えます。
では、また。

コメント

  1. […] 近々ドル建ての積み立て型投資商品を購入予定で、家計の引き落とし口座とは別で資産運用の資金を入れておく口座を作りました。そして、その商品の引き落としはクレジットカードで […]

  2. […] 先日記事にしていたオフショア投資の申し込み書類一式が到着しました。すぐに申込書類送りますと言われていたのになかなか来ないと思ったら香港から宅急便で来ました。 […]

  3. […] 持つべきものは友、ありがとう!ってところです。ホントはこのセミナーを聞いてから、別記事にしているオフショア投資ってのが通常の流れなんだけど訳あって順番は逆になりました。 […]

  4. […] 追加で入れるのはオフショア投資に使用されるまでは使い道のない余剰金です。そして含み損がもう少し落ち着いたところで購入数を少し増やすことも検討しています。 […]

  5. […] 【資産運用セミナー】運用の前にお勉強。日本は泥船と知る。どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。 今日は友人に紹介されて資産運用のセミナーに参加してきました。このセミナーどこかに宣伝されているものではなく知人のつてがないと参加できない貴重なセミナーでした。時間にしてな…chamyama.com2018.12.03 オフショア投資で資産運用開始どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。 先日… […]