優秀トレーダーのマネで自動トレード!マネコで暗号資産運用に挑戦!

マネコ

どーも、ちゃむやま(@chamyamablog)です。

 

暗号資産(仮想通貨)は基本的には安い時に購入して後はひたすら上がるのを待つという状態なのですが、マネコという暗号資産を活用した資産運用サービスを見つけたのでご紹介したいと思います。

 

暗号資産(仮想通貨)というとなんか怖い、難しそうというイメージが先行しているかもしれませんがマネコの仕組みを利用することで簡単に暗号資産(仮想通貨)での資産運用にチャレンジすることができます。

マネコ

マネコとはどんなサービス?

暗号資産(仮想通貨)のFXを利用して利益を得るサービスなのですが自分でトレードの操作をする必要がありません。

 

ではどうやって取引するかというと、マネコにはたくさんのトレーダーが登録されています。

 

その登録されているトレーダーの収益ランキングやコメントを確認し気に入ったトレーダーをフォローします。

するとフォローしたトレーダーのトレードを自動的にコピーして実行してくれるのです。成績のいいトレーダーの取引をコピーして運用することで大きな利益を得ることも可能になると思われます。

 

僕はフォロワーとしてトレーダーの方に投資をしようと思いますが、トレードに自信がある方はトレーダー登録をすることもできます。

 

トレーダーはフォロワーの利益の一部を手数料としてもらうことができるので、自分のトレードで出した利益+フォロワーからの利益も得ることができます。

マネコ提携の取引所

マネコで運用を開始するにあたって必要なのはマネコへの登録と提携している暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設です。

 

現在マネコと提携している取引所は

・Liquid

・BitMEX

という2か所です。

 

BitMEX

僕のおすすめはBitMEXです。

 

BTC/USDの取引高世界一で板が厚い。

→多くの人が信頼して取引を行っている。BTCFXで有名なKAZMAX(@Kazmax_83)さんもメインの取引所として利用しているようです。

 

本人確認書類を送る必要が無く、すぐに登録が完了する。

→暗号資産(仮想通貨)の取引所口座開設は時間がかかり煩わしいことが多いがBitMEXは簡単。しかし前述のとおり巨額の取引を行う有名トレーダーも利用しておりセキュリティはしっかりしている。

 

香港の取引所であるが、日本語対応している。

→海外取引所は英語に苦労する確率が高いが日本語表示に対応しているのでわかりやすい。

 

BitMEXのデメリット

入金が日本円で出来ずビットコインの現物を入金しなければならないこと。

→そのため国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でビットコインを購入しBitMEXに送金しなければならない。

 

投資最低金額が0.02BTC

→Liquidは1万円から可能。ビットコインの価格が高いと最低金額が上がってしまう。

ビットコインが80万なら80万×0.02=16,000円程度だが100万だと100万×0.02=20,000円になってしまう。

 

マネコ利用の手数料

トレードをコピーされる側のトレーダーは手数料無料だがトレーダーをフォローする側のフォロワーは3種類の手数料が必要です。

 

①マイクロサーバー利用料

→月額500円だが現在はキャンペーン中のため無料

 

②運用手数料

→フォローしているトレーダー毎に集計し、利益の20%。つまり損失が出ている場合は発生しない。

 

③取引手数料

→取引に対して発生する手数料。詳細はマネコサイトのヘルプ内を参照してください。

例えば、新規約定回数が150回で1回の約定につき1万円、合計150万円分Liquidで取引した場合は、¥390,000×0.03%+¥200,000×0.02%+¥500,000×0.01%+¥410,000×0.005%=¥227.5が取引手数料となる。

マネコアカウント登録

まずはマネコのサイトにアクセスし右上のログインをクリック。

 

右下の新規登録はこちらをクリック

 

 

利用規約を読み同意したら次へ

 

 

アドレス、ニックネーム、パスワードを設定しアカウント登録。入力したアドレス宛に届いたメール内のリンククリックで登録完了。

 

 

ログイン後左下の設定/その他内のクレジットカード設定を行うことで認証されます。

セキュリティ対策には2段階認証の設定があるのでやっておきましょう。

 

2段階認証はGoogle Authenticatorというアプリをスマホにインストールし、マネコの二段階認証設定画面に表示されたQRコードをGoogle Authenticatorで読み取り、表示された6桁のコードを入力することで設定できます。

 

ログインの時などに毎回Google Authenticatorを立ち上げてコード入力する必要がありますがセキュリティを高めるためには必須です。

 

メニューにあるフォロワー登録を初めて押すとサーバー起動の画面になります。

 

サーバー起動の前に利用する取引所の口座開設が必要になるので先に済ませておきましょう!口座開設方法はマネコサイトで口座開設ボタン押すと案内が出てくるのでそれを参考に開設します。

 

BitMEXへBTC送信しマネコ運用開始

マネコの登録と提携の暗号資産(仮想通貨)取引所、(この記事ではBitMEXとします)の口座開設が完了したら保有しているビットコインをBitMEXの自分のウォレットに送金します。

 

BitMEXは日本円の入金ができないためビットコインを持っていない方はビットコインを購入して送金する必要があります。

 

コインチェックやSBIバーチャルカレンシー、ディーカレットなど国内の暗号資産取引所で口座を開設しビットコインを購入しましょう。

 

マネコとBitMEXの連携登録がきちんとできているとマネコ上でBTCを確認できます。

 

投資に必要な最低額は0.02BTCです。暗号資産(仮想通貨)の送金時には該当通貨での手数料支払いが発生するので、保有が0.02ピッタリだと手数料が引かれてBitMEXの入金が0.019などになり運用スタートができないので多少余裕を持ったBTCを準備しましょう。

 

ちなみにコインチェックでのBTC送金手数料は0.001BTCでした。

フォローするトレーダーを選定する

僕はとりあえずランキング上圧倒的数値を残している1位の方をフォローしてみました。

 

何事も習うより慣れろ、やってみるのが一番理解できる!ということで早速運用開始しています。

 

フォローを始めて半日経過時点ですが利益額はすでに1,000円超えです。

 

暗号資産(仮想通貨)の価格はたえず動いているので確定するまではあてにならないですが・・・。

 

 

始めたばかりなので楽して資産が増やせるのか、それとも損してしまうのかはまだわかりませんがホーム画面見てるだけでなんだかワクワクするのでしばらく楽しめそうです。

マネコで資産運用まとめ

2017年後半頃から仮想通貨が盛り上がっていた時と比べてそれぞれの通貨の価格は下がっています。

 

しかし、Facebookが近々独自の暗号資産(仮想通貨)を発表する予定があると言われていたり、日本でも名だたる企業が出資している仮想通貨交換所ディーカレットが開業するなど知らず知らずのうちにインフラに入り込んできていると感じます。

 

ディーカレット出資企業一覧

 

暗号資産(仮想通貨)が当たり前になる世の中に乗り遅れないように、少額の資金で投資できるマネコを利用して暗号資産(仮想通貨)の保有、運用に慣れておくのはいかがでしょうか?

 

投資したビットコインが増える→増えたビットコインの価値が上がるという体験ができればきっと暗号資産(仮想通貨)に興味を持ってもらえるはず。

 

 

マネコを利用すればビットコインを買う、ビットコインを送金するという暗号資産(仮想通貨)運用で避けて通れない基本を体験できるのも大きなメリットです。

 

 

興味のある方は是非一緒に挑戦してみましょう!

 

では、また。

マネコ

コメント